HARG療法を分かりやすく教えるオフィシャルウェブサイト

頭皮をいたわって抜け毛を減らそう

男性だけでなく、女性も歳を重ねるごとに、抜け毛によって髪がボリュームダウンしていく人が多いですよね。
抜け毛の原因はさまざまですが、共通することは、髪の毛に問題があるのではなく、髪を生やす頭皮に問題があるということです。
抜け毛に悩んでいるのであれば、頭皮ケアに重点を置いていきましょう。
育毛に適した健康な頭皮は、潤っていて弾力があり、やわらかい状態です。
でも、水分や血流、栄養が足りていないと、途端に頭皮は乾燥して硬くなってしまいます。
こうなると、細胞分裂によって新しい毛髪を作っている毛母細胞に必要な水分や栄養が行き渡らなくなり、生産能力が落ちていってしまいます。
おまけに、今生えている毛髪さえ支えきれずに、どんどん抜けていってしまうのです。
そうならないために、頭皮を劣化させる原因を取り除いて、元気に発毛できる環境作りをしていきましょう。
ではまず、頭皮の健康を妨げる体の内部からの要因からみていきましょう。
頭皮も体の一部なので、体全体の健康なくしては、頭皮の健康もありえません。
体は生命維持のため、栄養不足が深刻化すると、重要でない器官への栄養供給をストップさせてしまいます。
栄養不足や疲労、ストレスなどで体調不良に陥ると、髪の毛は命に関わるものではないため、後回しにされてしまうのです。
ですから、普段からバランスのとれた食事を心がけ、体や心を酷使しないように気をつけていきましょう。
次に、外部からの要因もチェックしてみましょう。
肌質に合っていない刺激の強いシャンプーやリンス、整髪剤は、頭皮を荒らしてしまいますので、アミノ酸系やノンシリコンの刺激の少ないものを使うようにします。
紫外線も頭皮や髪の毛の劣化を招きますので、日傘や帽子を上手に利用してUV対策をしてください。

そしてパソコンや携帯電話で目や首、肩周辺にコリが生じると、頭部への血流が滞り、栄養が充分に届かなくなってしまいます。
適度に休息をとり、コリをとる運動やマッサージをしてほぐしていきましょう。
頭皮が健康を取り戻せば、抜け毛は次第におさまっていきます。
毎日の頭皮ケアを続けて、イキイキとした髪を生やしましょう。

 

 

PR:北海道・東北の通信制高校
北海道・東北地方の通信制高校を探しているならここでチェック!

 

白髪の原因とお勧め対策方法

白髪を見つけると、年を取ったなと感じます。
白髪の三大原因と言われているのが、メラニン不足、過酸化水素の蓄積、成長ホルモンの不足だそうです。

 

メラニン不足を補うためにはやはりバランスの良い食事が一番いいです。

 

ワカメ、胡麻、きな粉などは白髪にいいと聞きますが、たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンCなどをバランス良く取りたいものです。

 

過酸化水素が蓄積しないために、過酸化水素を多く生成する食品は控えめに。
例えば、コーヒー、紅茶、ウーロン茶などは過酸化水素を多く生成する食品と言われているのでほどほどにしましょう。

 

成長ホルモンを増加させるには、断食がいいそうです。
それも無理のない程度、24時間断食(一日一食)、少食、糖質や炭水化物の摂取量を減少させるというプチ断食によって成長ホルモンの分泌が増加するという報告があるそうです。
一番白髪の気になるところは生え際や頭頂部じゃないでしょうか。

 

それは、単にその部分の髪が伸びたからという理由だけではありません。
顔やTゾーンのたるみが白髪を目立たせて悪化させているのだそうです。
頭の皮膚と顔の皮膚をつなぐのが生え際と頭頂部の部分です。

 

この部分は、加齢とともに頭皮が下に引っ張られて毛根に負担が加わることもあり、白髪が出来やすいのだそうです。

 

これには、頭皮マッサージがお勧めです。
一回一分、指の腹を大きく動かして頭皮をマッサージします。
染めて目立たなくする方法もありますが、ホームカラーが染まりにくくとれやすいと思っている方も多いと思います。

 

毛染めは簡単そうに見えて、髪の状態や状況により染め方が異なるとのことです。
自分だと自分の髪の状態や状況がなかなかわからないため、一般的な染め方をしてしまい長持ちしないということがあるようです。

 

いきつけの美容室に自分の髪の状態や状況を確かめてから、ホームカラーを選んでいただいたほうがいいと思います。白髪以外にもバストアップやダイエットに興味があるなら手軽なサプリがおすすめですよ。特にボンキュート 口コミは評判がいいので一押しです!

 

PR:髪以外にも、肌悩みを抱えている人におすすめ!
ニッピコラーゲン100の効果と評判〜お肌の悩み・辛い腰の痛みに〜

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ